我が家も欲しい最新式のお風呂


これは障がい者施設のお風呂場の一角。

色々な施設に行っていますが ほとんどの施設はご覧のような風呂が完備しているので、あまりの便利さに感心しきりです。
右側にあるスチール製の取っ手を引くとスライドしてご利用者を座らせることができ、座ったら再びスライドして密封したらセット完了。

すると 左の桶にたまっていたお湯がいっせいに噴き出して アッと言うまに浴槽を満たしてくれるのだから【すごい】としか言いようがありません。
ひと昔前では考えられない進歩ですよね。
【必要は発明の母】と言いますが まさにその通りです。

そこで思い出すのが 祖父母のことです。
寒村の山形で 高齢で亡くなったのですが、風呂にも入らずにせんべい布団に包まれていたのを思うと 一度でもこんな風呂に入れてあげたかったと言う思いにが募ってきます。

それに比べると 今はとても素晴らしい時代と言えるでしょうね。
こんな時代に生きている事に感謝しないとバチが当たるように思いませんか。
歳を重ねるのは決して悲しいことではないし 堂々としていてほしいものです。

👨きくちゃんの個人見解でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

日課の逆立ち