ぶんぶく茶釜は八畳敷き


写真は分福茶釜で知られる館林の茂林寺にいる チ〇チ〇八畳敷きの大だぬき。

良~く見ると、股間にある袋が地べたまで垂れ下がっているのにはビックリ仰天。(うらやましい限りです)
久しぶりの再会なので 見ないうちに よく成長したものだと感慨無量。(何が・・・)m(._.)m。

茂林寺の参道の両側には ご覧のような大だぬきや子だぬきが思い思いの愛嬌ある格好で20体ほどで出迎えてくれるのですが
派手さはないけど、童謡の【証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)】の情景を思い起こさせる 懐かしく心温まるひと時です。

童謡やおとぎ話を聴く機会が減っているようですが 時にはこんな まったりタイムを作るのもいいものです。
八畳敷きになりたい👨きくちゃんです。
ここ☛【証城寺の狸囃子】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA