1971 入間のコストコ

『いらっしゃいお元気ですか』
入間方面は仕事で定期的に伺っているのでコストコの前は良く通ります。

しかし入ったのは一回だけで、商品を買ったことはありません。
今は👨👵老夫婦2人だけなので大量買しても困るだけでメリットを感じないからに他なりません。

長男達家族は3人の子供🧒👶👦の育児や教育と大忙しでコストコメリット大とばかり、利用しているようです。

全ての店は大型化している今。
以前、『屋さん、のつく店は無くなる』と言われたのを思い出します。
例えば、【床屋さん、パーマ屋さん、八百さん、肉屋さん、魚屋さん、電気屋さん等】の小規模商店は存続できなくなるだろうと言われていました。

それで今は
確かに昔ほどの勢いは見られませんが依然として存在しています。
大型店舗のメリットと小型店のメリットの棲み分けが大事なようです。
そして最近は徐々にではありますが、小型店舗や小型の専門店の良さが叫ばれているように思いますがどうでしょう。

巨大化やロボットもいいですが、人対人、そして❤️対❤️が人としての尊厳が守られて行くように思います。

面白くない内容で🙇‍♀️
👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

1972 疫病終息