1611 優良企業の指南書


最近、業績悪化の企業が多い中、10期連続の最高益なのが作業服のワークマンです。

時間があれば本屋さんに行っての立ち読みが趣味みたいな🧔吾輩ですが、何気なく手にしたのがこの本でした。

立って拾い読みしていたら【しない経営】とあったので誰でも出来そうな内容と思い持ち帰りました。
たいていの📖経営書は、あれをやれ・これをやれとやる事が山積みで最初から出来っこない事が羅列されているのに、この本は違いました。

だって【頑張るな・ノルマは作らない・レジ締めなし】等々で優良企業なんですから、これなら、無能😢な吾輩にも出来そうだと直感的また楽観的に感じました。

コロナ社会だからこそ経営の変化が必要になりそうだし、こんなんでいいんだから楽勝楽勝。🤗

やらなくて良い大義名分を見つけた🧔きくちゃんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA