不可思議な世界


先日孫とザリガニ釣りをしていたら、孫が『じいじ、何かいるよ』と言ったので、何気なく足元を見た時の写真です。

山形に居た頃にはセミの羽化は良く見かけたのですが、トンボの羽化は初めて見ました。
種類は分かりませんが、大きさからして多分ヤンマか大きめのトンボのように思います。
歌にも【🎼トンボのメガネは水色メガネ、🎵青いお空を飛んだから、と~んだから~♫】と歌い付がれている様に、子供達にも可愛がられていますが、大人になっても良いものです。

ところで、テーマを《不可思議な世界》と、しましたが、
【飛びながら交尾⇒産卵は水の中⇒幼虫時代は水の中で肉食生活⇒成虫になると大空を自由に飛び回る】
こんなに陸海空をまたにかけて一生を過ごす生き物は、数少ないのではないでしょうか。

羨ましいような、気さえしてしまいます。
無事に羽化して、今頃は大空を飛びまわっているのかと思うと、ウキウキしてきます。
子供に帰った👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

嫌な予感