1554 生存競争

カマキリが自分より大きいセミを食べている所です。

自然界(人間を含む)の弱肉強食は『可愛そう』では済まない必然性の存在を実感させられます。

人間は食物連鎖の頂点にいますが、その他の生き物は殺すけど殺される運命にあります。

セミは可愛そうですが、カマキリにとっては命の綱でしかないので憎む事は出来ません。
このようにして我々人間だって動物や植物を殺して生かされているのを感じる機会になるのではないでしょうか!

人間界では、幸せを願う宗教同志の争いや、領地争いの戦争も【弱肉強食】と言えるかも知れません。

旧約聖書の【ノアの方舟】の話にならないように、争わなくて良い社会は出来ないのでしょうか。

争いの嫌いな🧔きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA