ああ なつかしや懐かしや


これ何かわかりますか?

今ではなかなか見るかことが無くなった手動バリカンです。
最近ではまずもってお目にかかることが無くなりましたが、年配の男性なら懐かしい思い出があるのではないでしょうか。

バリカンの発明をした【バリカンエマール】氏の名前が商品名になったようです。
👨私が子供の頃は、床屋代がもったいなくて母親がバリカンで髪の毛を切ってくれていたのですが、今は親が子供の髪の毛を切るのは珍しいようです。
しかし子供とのスキンシップには非常に良いように思いますが、床屋の親父が言うのはまずいでしょうね。

こんな話があります。
母親にバリカンで切ってもらったら途中で髪の毛を挟んだまま切れなくなって、『頭にバリカンを付けたまま床屋に飛び込んだ』と言う話をよく聞いたものです。

なんとも微笑ましい話ではないですか。
便利さを否定する気はさらさらありませんが、親子関係もお金で解決する以外にやり方があるように感じています。
後で【クスッ】と笑えるような出来事も面白いと思いませんか。
貧乏百姓育ちの👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA