懐かしいポスター


老人施設に有った菅原文太主演の【博徒仁義】ポスターです。

若い頃にはよく見ていました。
場末の小さな映画館でタバコの煙に包まれ、夢中になって見たものです。
映画が終わり、帰るころには気分はすっかり菅原文太になって、肩をゆらして人混みの中を帰ったのを思い出します。

今のようなゲーセンやスマホも無く、当時の楽しみと言えば、映画やウィンドショッピング程度しか無かった時代です。
それでも山形の片田舎から出て来た👨きくちゃんにとっては憧れの世界でした。

今となって考えると、粋がってはいたものの15歳の可愛い餓鬼だった様に思います。
周囲のひとから『それなら今は人に恥じない大人になっているのか?』と問われると、自信がないのだから困ったものです。

生き方に自信がない👨きくちゃんですが、これからも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA