小麦の刈入れ


ここは埼玉県の片田舎、すぐ隣は群馬県です。

施設の駐車場に車を停めたら《ガア~》とコンバインの騒音に見舞われたのです。
オジサンに『こんにちは』と数回大声で挨拶しても気づきません。
それではとばかりに、『こ・ん・に・ち・は』と特大の大声で言ったらヤットコ気付いたようで、機械を停めて『ハア~ッ』と言葉を返してくれました。

『これは小麦ですか』と聞いたら『そうだよ』と言ってから、聞きもしないのに『さとのそら・あやひかりの順に刈入れしている』と色々言うことです。
細かい説明までしてくれるのを見ると『ここいらのお百姓さんは、優しい人達なんだな』と心が【ホッコリ】して来るのを感じずにはいられません。

👨きくちゃんも百姓のせがれです。
オジサンの姿と父の姿がかぶるのを感じながら、田舎の良さを体感出来て爽やかな1日のスタートでした。
その後の施設でも、爽やかな気分で過ごせたのは言うまでも有りません。

『田舎はいいな~』👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

寝たきりのカット