1318 本・やさいのおしゃべり

本屋📚さんに行く機会が多い中で、幼児本👶を見るのも楽しみのひとつです。

この本を読んで、反省する点が多い事に気付かされた一冊でもあります。
と言うのは、スーパーから買われ、冷蔵庫に入れられた野菜🥬たちの会話が書いてあるのですが、冷蔵庫の奥の奥に押し込まれて陽の目を見ないで悲しんでいる者や腐りかけの野菜がゴミ箱に🗑捨てられてしまう心境が克明に表現されてているのです。

食料自給率が取りざたされている日本🇯🇵に対しての警告とも取れる内容に心が痛むのも事実ですが農家の👩‍🌾方々の労を無駄にしないようにしたいと思いました。

百姓育ちの🧔きくちゃんたからそう思うのかも知れませんが命ある食べ物を大切に頂きたいと思う🧔きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA