1249 ひっつきむし


モンシロチョウの上にある草の種子の正式な名称は【アメリカセンダングサ】だそうです。ネット検索

秋田では別名【ひっつき虫=甘えん坊】と呼ばれ、人や動物にくっついて種子を運んでもらうのだそうですが、
我が古里の山形では【盗人(ぬすびと)】と言って嫌われ者だったのを思い出します。

🍎植物も🐕動物も子孫繫栄のためのたゆまぬ努力を惜しまない姿は👨👩私たち人間も見習いたいものです。

少子化対策や高齢者対策についても大盤振る舞いをするつもりなら解決策があるのではないでしょうか。たぶん
総論的な無責任な見解しか出来ない、無責任👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA