お袋との思いで。

398
写真のお袋は遠い所で見守って居てくれるのです。

お袋が元気なころ、毎年小旅行に連れて行った写真です。
足が悪いのであまり遠くに行きたがらないし、🚙で2時間の日本海側に行ったときの写真ですが、今思えばもっと色んな所に連れて行ってやれば良かったと後悔しきりです。
良く《孝行したいときには親は無し》と言いますが、きくちゃんは、そうしたくなかったのです。

この日は鶴岡の先に宿泊。
雄大な日本海が目の前に広がる由良温泉です。ホテルの食事は普段口にすることの少ない海鮮料理を官能、「旨えが?」と母に聞くと《山形弁で》『んまえなあ!』と満面の笑顔で応えてくれたのです。その笑顔がきくちゃんの脳裏を走馬灯のようにゆっくり今も回っています。

翌日の朝食を済ませた後に、‘クラゲ,で有名になった、クラゲだらけの(クラゲしかいない)加茂水族館では水槽の裏に回ってクラゲ越しに写真を撮ったり、クラゲの試食(😋おいしかった)をしたりと、楽しむことが出来ました。
そんな母ですが、思い返すと、もっともっとやってあげれば良かったと反省しています。😢

その思いを、今の仕事に生かして行きたいと思っています。
きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

BBQのPAERIAとAHIEJYO

次の記事

日光日帰りの🚌バス旅。