1162 まるでおとぎの国


このおとぎ話に出てくるような木は大宮の新名所にあったものです。

写真では分かりずらいでしょうが、ひょうきんな顔の大きさは150センチ程で、ずっとしゃべっているのです。
触ってみたら、スポンジの等に柔らかくて、眼や口もビックリするほど精巧に出来ているので、長い間見ていても飽きないし写メしている高校生達で賑わっています。

最近よく見かけるようなロボットの仲間なのでしょう。
このようなロボットが増えるのは楽しいのですが、ロボットの間違った使い方をすると怖いので豊かな生活につながるのであれば、今後の進化を楽しみにしたいものです。
👨きくちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA