🐟川魚料理の店での写真です。

一般的なナマズの天婦羅は切身を天婦羅にするのですが、ここのは味噌味でつくねのような作り方です。
確かにナマズの天婦羅は味も薄いし、ナマズと聞いただけで尻込みする人もいるので味を付けたつくねのようにすれば抵抗感が低くなるのでしょう。

調理師さんは日頃から、『どんな料理がお客さんに喜んでもらえるのか』と考えているのでしょう。ご苦労様です。m(__)m
一つの素材の持つ個性をエンターテインメント性を高める情熱は、ぼんくらな👨きくちゃんも見習いたいものです。