20年来のボランティア


羽生のNPO法人 空と雲の家でのカット風景です。

この日は久し振りに【空と雲の家】の作業場でのカットです。
目を覚まし寝床から這い上がったら最高の青空でした。ワサクサと準備を済ませて車に乗り込んだのは朝9時。

ここから約一時間の道のりを桜や菜の花などの花々を眺めながらの快適な独りドライブです。
東北道の脇の側道は信号もなくて快適な道路です。

🌸花見ドライブ🚙を終え、【空と雲の家】の砂利の駐車場へ無事に到着。
『こんにちは』とデカイ声で挨拶すると、作業場にいた顔なじみの人達も一斉に言葉を返してくるのは、気分のいいものです。

カットが終われば 花見の昼食が待っているのを楽しみにスタートです。
朝食もせずに来たのだから お腹はペコペコだしガンガンこなしていると、そろそろ昼食時間になり 皆一斉に『いただきま~す』の合唱。
美味そうに喰らっているのを憎々し気にチラッと見ながら終了です。

十数人やったでしょうか、やっと終わった終わった。
施設代表の飯田女史が腕によりをかけて作った【🌸お花見弁当】が待っていると思えば足取りも軽く、裏手にある利根川の土手に敷いたゴザにデ~ンと座って、🍺まず一杯。

『うんめえ~』花より団子とわ良く言ったもので、腹ペコは最高の調味料に勝るのを🌸桜の下で実感した一日でした。
今日も最高の日を実感した👨きくちゃんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA