朝の通勤途中でした。

いつものコースをいつものように歩いていたところ 植木の上にチョコンと赤ちゃんの物と思われる左手の手袋が置いてありました。
ひと昔前だったら 無くさないようにヒモで結んでいたものですが 最近では そんな姿はとんと目にする事はありません。
時代が変わったのでしょう、ヒモで結んだ手袋なんて昔ばなしになってしまったのですから。

雪国生まれの私の子供時分は手にはあかぎれ ハナを垂らしはあたりまえ ほっぺはリンゴのように赤くなっていたのと比べるとどの子でもきれいですね。

今でこそ安く購入できますが、前は歌にもあったように【🎼かあさんが 夜なべをして手袋あんでくれた🎵】と歌にもなったように大切にしていたものです。
今では 百均ショップでも買えるかも知れないんだから すごい時代になったものです。

写真の落とし物が赤ちゃんのもとに届くことをねがいます。
なつかしい昔を思い出す👨きくちゃんでした。